美容鍼灸の第一人者直伝による美容鍼灸セミナー

2日間集中実技徹底コース

鍼灸エステではない本物の美容鍼灸
世界が認めた日本式美容鍼灸を学ぶチャンス

美容鍼灸の第一人者
北川毅

美容鍼灸セミナー2日間集中実技コース概要

日 程

令和2年1月18日(土)~19日(日)    10時00分 〜 17時00分

会 場

東京都港区東麻布3−8−10 バーリータワーズ10階

都営地下鉄大江戸線・東京メトロ南北線 麻布十番駅6番出口すぐ

受講費 170,000円
参加資格 鍼灸師(学生可)・医師(学生可)で喫煙を行わない者
電 話 お電話によるお問い合わせ、お申し込みはこちらへどうぞ
YOJO SPA : 03ー3560ー6172
参加資格 鍼灸師(学生可)・医師(学生可)で喫煙を行わない者
受講される方へのお願い

令和元年より、本セミナーは海外に門戸を解放し、海外の鍼灸の関係者の受講希望を受け入れることを方針としました。海外からの受講者が受講する場合には、日本語と英語の二か国語によるセミナーとなりますので、予めご了承ください。

美容鍼灸に関することでお困りではありませんか?

  • 美容鍼灸を学びたいけどどこで学ぶのが一番いいのかわからない
  • 鍼灸院で美容鍼灸を導入したいけどどのようにしたらいいかわからない
  • 自分なりに美容鍼灸を始めたけど利用者の満足度が得られない
  • 顔面部に刺針することに自信がない
  • 男性の鍼灸師でも美容鍼灸ができるのかかわらない
  • 美容鍼灸のセミナーを受講したけど内容が不満足だった
  • 自分なりに美容鍼灸を始めたけど利用者の満足度が得られない

本セミナーは
その悩みを全て解決します!

本セミナーの対象者

  • 鍼灸師として「治療」だけでなく「美容」にも携わりたい方
  • 美容目的の鍼灸に関する正しい知識と高度な技術力を身に付けたい方
  • 美容鍼灸には興味はあるけど「針を持ったエステティシャン」にはなりたくない方
  • 軽薄で表面的な美容鍼灸はやりたくない方
  • 美容という利用目的を通じて利用の方々の健康の維持、増進にも寄与していきたい方
  • 美容鍼灸には興味はあるけど「針を持ったエステティシャン」にはなりたくない方

世界が認めた "Japanese Beauty Shinkyu"
鍼灸と美容医療の融合

・美容鍼灸の元祖 〜 Japanese Beauty Shinkyu 〜

本セミナーの講師を務める北川毅は、「美容外科」「美容皮膚科」などの現代医学の「美容医療」を専門とする医師の先生方のご指導を受けながら、美容医療に関する基礎的な知識と理論を学び、自身の専門分野である東洋医学の知識と鍼灸の技術と融合させて、「美容鍼灸」という新しい分野の鍼灸を確立し、国内外の鍼灸の業界においてその提唱を行ってきました。そして、この日本発の美容鍼灸は、現在では、Japanese Beauty Shinkyu として、日本国内のみならず、世界各地で実践され、北川毅は、美容鍼灸の第一人者として、世界的に認知されています。

・創傷治癒機転を利用した美顔鍼の手法

北川毅が創案した顔面部に対する美容目的の鍼の施術は、刺針によって生じる微小出血や微小損傷による「創傷治癒機転」(傷を治す自己治癒力)を利用することを目的として、顔面部に対して、100本〜200本もの数多くの針を用いることを大きな特長としています。 昨今では、美容鍼灸の分野においても、ようやく「創傷治癒機転」ということが言われるようになってきましたが、その創傷治癒機転を利用した鍼の施術を行うことが、Japanese Beauty Shinkyu の大きな特徴です。


・鍼灸の技術習得と技術向上

美容鍼灸が注目を集めるようになったことで、唐突にこの分野の鍼灸を行う鍼灸師たちが増え、美容医療よりも、エステティックと鍼灸を組み合わせた施術が行われるようになり、日本国内においては、むしろ多数派となりました。このような経緯から、北川毅と一般社団法人健康美容鍼灸協会(健美会 / HHBSA)は、美容鍼灸とは、「美容を目的とした鍼灸」あるいは「鍼灸を用いた美容」であると認識し、あくまでも「鍼灸の一分野」であることを基本理念として活動しています。そのため、本セミナーにおきましても、鍼と灸に関する技術指導とトレーニングを集中的に行っており、手技やエステティック等の技術指導は内容に含まれていません。

現状では、特に美顔を目的とした鍼灸が世界各地で高い注目を集めており、主として、顔面部のたるみ、小皺、くま、くすみ、浮腫などの皮膚の老化、代謝不良、血行不良に起因する症状に対して利用されていることから、特に、顔面部の美容を目的とした美顔鍼(養顔鍼法)の技術習得と技術向上を目標とした刺針のトレーニングを2日間にわたって徹底的に行います。

Japanese Beauty Shinkyu の特徴

養顔鍼法

経穴ばかりでなく、表情筋、皮膚、皮下組織なども対象とした「養顔鍼法」という独自の技法をご指導しています。特に、皮膚と皮下組織に多数の微細な傷を作ることで、自己治癒力としての創傷治癒の機能を利用し、新しい細胞やコラーゲンの生成を促すた め、圧倒的に多数の針(100〜200本程度)を用いることを大きな特徴としています。

短針

顔面部での美容目的の刺針では、おおよそ深い深度での刺針が要求されることはありません。一方、100本〜200本もの刺針では、極めて迅速な刺針が求められます。養顔鍼法では、主として針体の長さが10㎜〜15㎜ の短い針を、鍼管を用いずに使用しています。針体の短い針は「短針」と呼ばれ、顔面部での美容目的の刺針において優れた機能性を発揮します。

二指推鍼法

養顔鍼法では、顔面部に対して、速く、円滑に、安全に刺針を行うことが求められます。一方、現在の日本のメーカーが製造する短針の多くは、一定の技術を習 得することで、鍼管を使用しなくても、円滑で合理的な刺針を可能としています。北川は、鍼管を使わずに母指と示指の「二指」を用いて刺針する「二指推鍼法」という独自の技法を創案しました。

二指推鍼法

養顔鍼法では、顔面部に対して、速く、円滑に、安全に刺針を行うことが求められます。一方、現在の日本のメーカーが製造する短針の多くは、一定の技術を習 得することで、鍼管を使用しなくても、円滑で合理的な刺針を可能としています。北川は、鍼管を使わずに母指と示指の「二指」を用いて刺針する「二指推鍼法」という独自の技法を創案しました。

このセミナーで得られるもの

得られるもの1

美容鍼灸の第一人者による直接指導

国内外の鍼灸と美容の分野に「美容鍼灸」を提唱し、その概念を定着させた美容鍼灸の世界的な第一人者である北川毅の直接指導が受けられる貴重なセミナーです
得られるもの2

高度な知識と圧倒的な技術力が身に付く

本セミナーは美容を目的とした「鍼灸」の技術の習得と向上に特化したセミナーであり、鍼と灸以外の技術指導は一切行っていません。少人数制により、北川毅が自ら創案した「二指推鍼法」と「養顔鍼法」の技術を惜しみなく伝授します

得られるもの3

顔面部に対する刺針の技術力が向上する

最も人目につきやすいことから、美容の分野では、特に重要な部位であると位置付けられています。そのため、顔面部に対して、円滑で合理的な刺針を実現するためのトレーニングを徹底的に行います

得られるもの4

少人数制による個別指導

毎回12人までの少人数制により、個別指導を目指しています

得られるもの5

受講費の分納と再受講が可能

習得した技術を確認できるよう、3回までの再受講を無料としています(一定の条件を満たした場合のみ)。また、まずは学ぶことが重要という立場から、受講料の分納に応需していますので、お気軽にご相談ください。
一般社団法人健康美容鍼灸協会の正会員に限り、無料で何度でも再受講することができます。

得られるもの2

高度な知識と圧倒的な技術力が身に付く

本セミナーは美容を目的とした「鍼灸」の技術の習得と向上に特化したセミナーであり、鍼と灸以外の技術指導は一切行っていません。少人数制により、北川毅が自ら創案した「二指推鍼法」と「養顔鍼法」の技術を惜しみなく伝授します

メッセージ動画

2014年にアメリカのポートランドで開講された美容鍼灸実技セミナーの動画をご覧ください
制作 : 専門学校浜松医療学院

Japanese Beauty Shinkyu in the world !

Nov 2014 Portland

May 2015 Barcelona

May 2015 London

May 2017 Brisbene

Jun 2018 San Marino

Mar 2019 Taipei

主な講習内容

1日目

道具としての針の基礎知識
指のトレーニング
刺針トレーニング
二指推鍼法の基本
顔面部の主要な経穴に対する刺針
目の周囲に対する刺針
くま、くすみに対するアプローチ

2日目

しわ、たるみに対する刺針
効果と訴求力を高めるプラスαの技術
美容鍼灸と経営戦略
美容鍼灸とリスク管理
技術チェック・指導

受講者の声

技術力の高さに感銘を受けました

Tracy Thorne
L.Ac., Portland, OR

北川先生は指導経験が豊富な活動的で情熱的な指導者です。先生のセミナーには、デモンストレーション、技術指導、技術チェック、様々な臨床実習などの内容が盛り込まれていて感銘を受けました。
そして、参加者全員が刺針関する確実な技術力を身に付けて修了しました。北川先生の手法を実践することで、患者さんたちは、とてもリラックスすることができて、同時に元気にもなると報告してくれます。

VOICE

刺針の技術に自信が持てるようになりました

Ulick Burke
Mosafrica director. Emgland
北川先生のセミナーは、専門的なばかりでなく楽しいセミナーでした。真剣に学ぶ時間もあり、楽しい話もありました。受講前は顔面部に対して刺針することに抵抗がありましたが、個別指導による練習を繰り返すうちに、技術に自信が持てるようになりました。今では、顔面部に対して円滑に刺針を行うことができます。北川先生に対して、比類ない技術を学ぶことができたこと、楽しい時間を共有できたことを感謝致します。
VOICE

弟子であることを誇りに思います

Ginette Paradis
Clinique Acupuncta. Quebec
私は、日本の美容鍼灸を実践する専門家を探していて、北川毅先生に出会いました。そして、2012年に、東京でセミナーを受講しました。北川先生の知識と技術を学ぶことはとても有意義です。
北川先生の日本のShinkyu を世界に広めたいという想いは私の臨床に影響を与え、私が北川先生の「カナダで最初の弟子」であるということを誇りに思うようになりました。
VOICE

高度で独特な刺針技術を身に付けることができました

望月三佳
Precious 院長
健康に基づく自然美を追求する「健康美容鍼灸」という北川毅先生の美容鍼灸のコンセプトに共感しして受講を決めました。 内容は、とにかく実践あるのみという実技中心のセミナーでした。基礎知識、リスク管理についても学ぶことができ、顔面部ばかりでなく、頚肩部や背部などに対する独特な刺鍼技術も学ぶことができ、満足度の高い実技指導を受けることができました。 とても親しみやすい北川先生のもとに集まる受講者は、皆さんよい方ばかりで、楽しく充実した時間を過ごすことができました。
VOICE

刺針の技術に自信が持てるようになりました

Ulick Burke
Mosafrica director. Emgland
北川先生のセミナーは、専門的なばかりでなく楽しいセミナーでした。真剣に学ぶ時間もあり、楽しい話もありました。受講前は顔面部に対して刺針することに抵抗がありましたが、個別指導による練習を繰り返すうちに、技術に自信が持てるようになりました。今では、顔面部に対して円滑に刺針を行うことができます。北川先生に対して、比類ない技術を学ぶことができたこと、楽しい時間を共有できたことを感謝致します。
VOICE

私が推薦します

北川先生の美容鍼灸を受ける度に、その効果に感動しています。この技術が大きく広がり、より多くの方々に、この喜びが広がることを願っております。

ヘアメイクアーティスト
藤原 美智子

講師紹介

北川毅(きたがわ たけし)

鍼灸師
一般社団法人 健康美容鍼灸協会 会長
一般社団法人 日本中医学会 評議員
チバソム・インターナショナル・ヘルス・リゾート(タイ) ゲストコンサルタント
YOJO SPA オーナー

国内外の鍼灸と美容の分野に「美容鍼灸」を提唱し、その概念を定着させた美容鍼灸の世界的な第一人者。国内外で600人以上の専門家を育て上げた実績を持ち、また、世界各地に顧客を持つ。

東京港区の「YOJO SPA」にて鍼灸の臨床に携わるかたわら、アジア最高峰のヘルスリゾートである「チバソム・インターナショナル・ヘルス・リゾート」(タイ)においてもゲストコンサルタントとして定期的に日本の鍼灸治療と美容鍼灸を行う。

世界のKitagawaとして、東洋医学、鍼灸、美容、スパに関する教育、執筆、翻訳、研究まで幅広く活動中。

How to 美容鍼灸
健康で美しくなる美容鍼灸
健康で美しくなる美容鍼灸

北川毅からのメッセージ

何故、Japanese Beauty Shinkyu か?


美容鍼灸という分野の鍼灸が行われるようになったのは、鍼灸の長い歴史の中ではごく最近のことであり、この分野に関しては、ベテランの鍼灸師たちにとっても未知の部分が多く、先人や指導者と呼べる専門家は存在していませんでした。私自身にも「師」と呼べる指導者はいなかったため、「美容外科」や「美容皮膚科」などを専門とする医師の先生方にご指導をいただきながら、現代医学の美容医療に関する基礎的な知識と理論を学び、自身の専門分野である東洋医学の鍼灸と融合させて、約10年をかけて「美容鍼灸」という新しい分野の鍼灸を作り上げました。

一方、世界的には、鍼灸の主流は中国式の針灸であり、日本鍼灸を実践する専門家はごく少数派となっていますが、非常に丁寧で繊細であることなどの理由から、今、日本の鍼灸が世界各地の専門家の注目を集めています。同時に、美容を目的とした鍼灸が最も盛んに行われているのは日本であることから、美容鍼灸で世界的に有名になってしまった日本人鍼灸師である私は、世界中から、まさしく、「引っ張りだこ」という状況になっているというのが実情です。そして、このことは、考えようによっては、日本の鍼灸を “Shinkyu” として世界に広める絶好の機会であると言えるでしょう。

英語には “acupuncture” という言葉がありますが、この言葉は「鍼」という意味で、「鍼灸」の「灸」が含まれていません。「灸」を意味する英語の言葉には “moxibustion”という言葉があり、「鍼灸」を英語にすると“acupuncture and moxibustion”というとても長い言葉になります。また、“moxibustion”という言葉は、英語圏の国々においても、一般の人にはほとんど知られていないというのが現状です。さらに、「日本の鍼灸」を英語にしようとすると、“Japanese acupuncture and moxibustion”と、さらに長い言葉となるため、海外でセミナーを行う時には非常に難儀します。

2010年頃より、私は、海外から、鍼灸の施術や技術指導の依頼を頂戴するようになりましたが、まずは、鍼を意味する“acupuncture”という言葉だけが独り歩きしている現状と“acupuncture and moxibustion”という長い言葉をどうにかしなければ、日本の鍼灸を世界に普及させることは難しいであろうと考えました。また、「美容鍼灸」に最も近い英語の言葉には、”cosmetic acupuncture”という言葉がありますが、”cosmetic”には、「化粧品」という意味や「上っ面を飾り立てる」というようなニュアンスが含まれることから、鍼灸の本質とは方向性が異なっていると判断されました。そこで、私は、”cosmetic”ではなく”beauty”という言葉を採用して使っているのですが、この言葉を「美容鍼灸」に採用すると“beauty acupuncture and moxibustion”という、やはり極めて長い言葉になります。そして、「日本の美容鍼灸」と言おうとすると、“Japanese beauty acupuncture and moxibustion”というさらに長い言葉になります。

そこで、私が考えたことは、日本語の「鍼灸」という言葉を、”Shinkyu”としてそのまま採用するということです。そして、実際に、海外の仕事では、常に”Shinkyu”という言葉を用いてきました。”Shinkyu”はもともと日本語の言葉ですから、これなら”Japanese”を付ける必要もありませんし、「美容鍼灸」は”Beauty Shinkyu”という短い言葉にできます。また、「日本発」を強調したい場合に、”Japanese”を付けたとしても”Japanese Beauty Shinkyu”という比較的に短い言葉で伝えることができます。 嘉納治五郎先生は、柔道を ”Japanese Wrsling”ではなく”Judo”として世界に広められました。空手も”Japanese kick boxing”ではなく”Karate”として世界中で認知されています。さらに、指圧は”Japanese massage”ではなく”Shiatsu”として、今、ヨーロッパ各地で流行しています。また、外国人の中には、日本語の言葉や漢字が大好きな人が少なくありません。例えば、面白いことに、海外のセミナーでは、いずれの国においても、受講生たちは、私のことを”Kitagawa sensei”(北川先生)と、ことさら日本語で呼びたがるというのが現状です。

このような状況から、日本の鍼灸を、もっともっと世界に広めていくためには、まずは、世界中の専門家たちに”Shinkyu”という言葉を認知してもらうことが得策なのではないかと考えています。そして、”Shinkyu”が世界の共通語になった暁には、必ずや、”Shinkyu”は世界の鍼灸(acupuncture and moxibustion)のブランドでありステイタスとなるばかりでなく、私たちは、”acupuncture”や”acupuncture and moxibustion”という言葉を使う必要もなくなるであろうと確信しています。そして、このような着想から、私は、”Beauty Shinkyu”と ”Japanese Beauty Shinkyu”という造語を造り、日本の「鍼灸」と「美容鍼灸」を世界各地の専門家に認知してもらうための活動を続けてきました。

皆さん、本セミナーで、”Japanese Beauty Shinkyu”の知識と技術を身に付けていただき、是非、一緒に、ShinkyuとBeauty Shinkyuを世界に広めていきましょう!

お申込みはこちらから
お電話でもお気軽にお問い合わせください
TEL.03-3560-6172
受付時間 10:00〜18:00(月曜・火曜を除く)

不在にしている場合もございますのでご了承ください

受付時間以外のご連絡はメールをお使いください

メールでのお問い合わせ

kenbikai@nexsite.net